自転車保険加入の義務化はいつから?罰則や賠償事例も紹介!

   

スポンサードリンク

最近は若者の自動車離れが進み、自家用車を持たずにバイク・自転車・公共交通機関を利用している人が多くなってきているように思います。

 

私自身も自家用車を持っておらず、主に自転車とバイクを移動手段として使い、遠出する場合はレンタカーを割り勘で使うという生活を送っています。

 

バイクは自賠責保険への加入は義務化されていますが、現時点で自転車は一部地域を除いて保険への加入の義務化はされておりません。

 

ただ、逆に言えばすでに自転車保険への加入の義務化をされている地域があり、今後は更に全国各地へ広がり、「自分が住んでいる地域の自転車保険の介入の義務化はいつから?」と思っている方は多いと思います。

 

本日は自転車保険の加入の義務化はいつからなのかについて、また自転車保険の補償や賠償の事例についてお伝えしていきますのでぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。

 

 

自転車保険加入の義務化はいつから?

2015年10月に兵庫県で自転車保険の加入が義務づけられて以降、埼玉県・神奈川県・大阪府・京都府など、全国の自治体で自転車保険の加入義務化が広まっています。

 

つまり上記の都道府県で加入されていない方がいるようであれば、お近くの自転車屋さんに行って一度確認されてみるとよいと思います。

 

また、自転車保険の加入を義務化している都道府県は順次拡大しておりますので、こちらも気になる方は是非一度お近くの自転車屋さんでご確認を!

 

続いて気になるのが自転車保険に入っていない方の罰則やもし自転車トラブルを起こしてしまった時の賠償についてですよね。

 

スポンサードリンク

 

自転車保険未加入の罰則や賠償について

まず、自転車保険未介入の際の罰則についてですが、「罰則」「乗車禁止」などの措置はないようですが、自転車保険へ未加入の場合、会社への通勤や学校への通学を認められないという事例もあるようです。

 

今後は確実に全国各地に自転車保険への加入が義務化されますし、6分に1件起きていると言われるトラブルに巻き込まれた際も安心・安全に対処ができますので、個人的には自転車保険への加入をお勧めいたします。

 

続いて今までに起きた自転車トラブルの賠償についての事例をいくつかご紹介していきます。

 

↓賠償事例↓

・歩行者にぶつかり、言語障害が残り9000万円

・歩行者にぶつかって歯を折って180万円

・車とぶつかり塗装をはがして90万円

 

上記の様に賠償額の高いものでは数千万円を超えるものも多々あるようですし、月に数百円の自転車保険には入る価値は十分にあると思います。

 

あと、自転車保険への加入の義務もそうですが、定期的なメンテナンスや焦らないという精神的な余裕を持つ事も改めて大切だとおもいます。j

 

 

自転車保険加入の義務化のまとめ

本日は自転車保険の加入の義務化はいつからなのか、罰則や賠償の事例についてお伝えしてきました。

 

自転車保険の加入の義務化がいつからなのかについては、2015年10月に兵庫県で自転車保険の加入が義務づけられて以降、埼玉県・神奈川県・大阪府・京都府など、全国の自治体で自転車保険の加入義務化が広まっています。

 

つまり、すでに自転車保険の加入の義務化が課せられている県があるという事で、今後は順次全国各地に広がっていきますので、一度お近くの自転車屋さんに行ってご確認されることをお勧めいたします。

 

現時点では自転車保険に介入していないからと言って罰則はないようですが学校や会社によっては通勤や通学に自転車を使わせてもらえないという事例もあるようです。

 

賠償の事例については数十万~数千万という賠償事例が過去にありますので、月に数百円の自転車保険に入れば安全安心に自転車ライフを送れます!

 

一度ご確認されて自転車保険の加入の検討をされてみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - イベント