アートメイクの腫れ・痛みの解消法|期間を長持ちさせるコツを紹介!

   

スポンサードリンク

専用の器具で皮膚(眉・アイライン・唇)に色素を沈着させる「アートメイク」が化粧の時短になるという事もあり多くの方が利用されています。

 

針で刺すのでやはり腫れや痛みは生じますが、出来るだけ腫れや痛みを解消する方法はあると思いますので、こちらの不安を解消できれば多くの方が「アートメイク」利用されるのではないかと思います。

 

色素を注入しますが、肌の代謝によって色が薄くなる期間が早くなる事があるようで、出来るだけ「アートメイク」の期間を長持ちさせるコツも本日はご紹介していきたいと思います。

 

きっと今後「アートメイク」をされる方も気になる情報ではないかと思いますので、この記事を見て皆様が「アートメイク」に関して不安の解消が出来るお手伝いが出来ればと思います。

 

 

アートメイクの腫れや痛み

痛みに関しては、施術場所、体質、麻酔などによって変わるようです。

 

施術場所としては「眉→アイライン→唇」の順で痛みが強いようで、痛みが強すぎて「途中でやめてしまった」「涙が止まらなかった」というコメントもある為に麻酔は必須です!

 

寝不足や皮膚の薄さなどによっても痛みは変わるようなので、「アートメイク」当日に照準を合わせて体調を合わせていくのが痛みと腫れに関して大切な事です。

 

【腫れと痛みの変化】

施術後:痛みは少しあり。腫れはそこまで感じないことが多い。

2日目:痛みは徐々になくなるが、腫れはこの日がピーク。

3日目:痛みはほとんどなく、腫れは徐々に引いていく。(かさぶたとかゆみが出現)

4日目:痛みと腫れはなくなり、かさぶたが剝がれてくる。(痒みは残存)

5~6日目:かゆみも徐々に改善してくる。

7日目:かさぶたもなくなり、アートメイク完成。

 

約1週間で痛みも腫れも引くようですが、中には痛みや腫れが引かない方もいるようなので、2~3日たっても痛みや腫れが引かない場合は医師へ相談しましょう!

 

アートメイク後のアフターケアで注意すべきは「紫外線」「化粧」で、紫外線に対してはサングラスやマスクを着用し、化粧の際はアートメイクの場所にラップを被せるなどして対応しましょう!

 

スポンサードリンク

 

アートメイクを長持ちさせるコツ

アートメイクがずっと続いたらいいと思うのが当然ですが、2~3年たつと徐々に薄くなっていくようです。

 

アートメイクが速く薄くなる型の特徴としては「代謝が高い人:日頃から運動している方、汗っかきの方、脂性肌の方」「ピーリングを使用する人」との事です。

 

できるだけ長持ちさせるためには上記の内容を控えていただければと思います。

 

個人的にはリタッチがお勧めで、1回目のアートメイクよりも若干価格もお安く提供されている事が多いので、薄くなってきたらリタッチで再びきれいなアートメイクを完成させのが一番です!

 

 

アートメイクのまとめ

本日はアートメイクに関して皆様が気になると思います、痛みや腫れの期間についてと長持ちさせる方法についてお伝えしてきました。

 

痛みや腫れの期間に関しては大体1週間で完全なアートメイクが完成するようですが、体調・体質や麻酔などの状況によって変動があるようです。

 

アートメイク施術日に合わせて体調をばっちり整えておきましょう!

 

アートメイクの期間に関しては2~3年という事ですが、代謝が高い方やピーリングをされる方は薄くなる期間が早くなるという報告があります。

 

徐々に薄くなっていくのは必然ですので、薄くなってきたらリタッチをされることをお勧めいたします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 美容 健康