白と黒のタピオカの原料や違いと作り方!おすすめの店も紹介!

   

スポンサードリンク

タピオカ人気は続いており、次々と新しいタピオカドリンク店や「タピオカ丼」「タピオカ寿司」なども登場しており、今後もタピオカ人気が拡大していく事が予想されます。

 

しかも最近ではタピオカの大きさも様々で色も「黒タピオカ」が主流でしたが、最近は「白タピオカ」も出現しています。

 

本日は白と黒タピオカの原料と違い、タピオカの作り方やレシピなどもお届けしていきたいと思います。

 

ご自宅でもタピオカドリンクを飲めたら、きっと幸せな気持ちになれると思いますし、ちょっとリッチな気分も味わえると思いますので、ぜひ最後までお読みください!

 

 

白と黒のタピオカの原料の違いと作り方

タピオカの原料は、南米原産の「キャッサバ」というイモの一種です。

 

【タピオカの作り方】

①キャッサバの根茎から取ったでんぷんを水で溶いて加熱。

②加熱したものを粒状にして乾かすと「タピオカパール」ができる。

③タピオカパールを2時間ほど茹でて戻すとタピオカの完成。

※②の粒状にするには特殊な容器に入れて回転させる必要がある模様。

※ご自宅で作る場合はやや形が崩れてしまうかも…

 

黒いタピオカと白いタピオカの違いについてですが、黒いタピオカはカラメルや黒糖で色付けして「ブラックタピオカ」と呼ばれます。

 

出来立ての本当のタピオカの色は乳白色なんです!

 

つまり黒いタピオカも白いタピオカも原料は「キャッサバ」で同じで、クリタピオカと白いタピオカの違いは、カラメルや黒糖で着色したかしていないかのようですね!

 

スポンサードリンク

 

白タピオカ専門店紹介

黒タピオカはかなりの流通量なので、個人的に白タピオカ専門店について注目して調べていると、あるタピオカドリンクスタンドの店名がありました。

 

そのお店は「milksha:ミルクシャ」というお店で、2019年秋に青山にニューオープンする台湾発のタピオカドリンクスタンドです!

 

しかも、原材料にもこだわっており、自社製のミルクと着色料・防腐剤を一切使用していない添加物フリーの宝石のような白タピオカが特徴です!

 

↓「milksha:ミルクシャ」の情報↓

ミルクシャの場所と味の評判や口コミ!白タピオカが絶品!

ミルクシャの行列と混雑状況!オープン日やアクセスも紹介!

 

白タピオカ専門店に一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

白と黒のタピオカの原料の違いと作り方のまとめ

タピオカの原料は、白タピオカも黒タピオカも「キャッサバ」というイモの一種で、白と黒の違いはカラメルや黒糖で着色されているかいないかの違いです。

 

タピオカの作り方は、

①キャッサバの根茎から取ったでんぷんを水で溶いて加熱。

②加熱したものを粒状にして乾かすと「タピオカパール」ができる。

③タピオカパールを2時間ほど茹でて戻すとタピオカの完成。

※②の粒状にするには特殊な容器に入れて回転させる必要がある模様。

※ご自宅で作る場合はやや形が崩れてしまうかも…

お店で食べるタピオカを作るには、中々の熟練がいりそうです!

 

タピオカをお取り寄せするのがベストかもしれません!

 

間違いなく人気が出る「milksha:ミルクシャ」にも一度足を運んでいただくと、新たなタピオカのすばらしさに気づきがあるかもしれないですよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 美容 健康