小松美羽の彼氏や大学は?年収と作品がヤバい!価格や販売場所は?

      2019/07/23

スポンサードリンク

激ヤバな現代アーティスト発見しました。
日本の文化を大事にし、日本文化を発信する美人アーティストです。
その人の名は…
小松美羽さんです。
顔もハーフっぽい感じでめっちゃ可愛いし、作品を作っている姿がまたいいんです!
版画や有田焼をはじめとして色々なコラボ作品もあります。
センスの塊ですよ!
本日は才能あふれるアーティスト「小松美羽」さんについてお伝えします。
テーマは、

  • プロフィール
  • 性格
  • 大学
  • 作品(価格と購入場所)
  • 年収
  • 彼氏

についてです。
個人的に気になるのは彼氏と年収についてですw
熱愛とか年収とか大好物ですもんw
では、さっそくまいりましょう(^^)/

 

 

小松

プロフィール

名前:小松 美羽(こまつ みわ) ※本名
生年月日:1984/11/29(32歳)
出身:長野県坂城町
趣味:狛犬研究、温泉めぐり、海外旅行
特技:薙刀(北信越3位)
所属:プロジェクトチーム「風土」

32歳なんですね。
年齢より若く見えます。
顔はちょっとリア・ディゾンさんに似ている気がします!
薙刀の技術が半端ないですね。
棒を持たせたら勝ち目はないでしょうw
趣味から考えると、日本だけでなく海外の文化にも興味があるんでしょうね。
日本と海外の懸け橋になって、もっと日本とおいう国の良さを広めてほしいものです。

 

 

性格は?

個人的な見解ですが、職人さんってなんか堅苦しく頑固なイメージがあります。
小松美羽さんもそうなんでしょうか?
動物占いでは「フットワークの軽いコアラ」でした。
性格傾向としては、

  • 明るくはつらつとした女性だが、やや計算高い。
  • 神経質なためストレスをためる傾向にある。
  • 苦労が多く本音を明かすことはほとんどない。

なんかめっちゃ闇を抱えていそう。
きっと作品作りなどで考え込んで、自分を追い込んだりしているんでしょう。
誰か側にいる人の中で小松美羽さんの支えになってあげてください。

 

 

高校や大学は?

高校は長野県にある「更級農業高等学校」です。
100年以上続く伝統校で、偏差値は38でした。
38って結構ヤバめですねw
そもそもなぜ農業高校に行かれたのでしょうかねw
大学は「女子美術大学短期大学部」です。
偏差値は44~45。
少し成長しましたね。
小松美羽さんの原点がきっと大学でしょうね。
ここで学んだことが現在のアーティストとしての枠組みになっていると思います。

 

 

komatu2

作品(価格や場所)について

今まで振袖、洋服、銅版画、絵画、有田焼など色々な作品を作ってこられました。
価格は、安いもので5万円~高いものは数千万円やプライスレスとの記載も!
ヤバすぎでしょ!
SOLD OUTになっている商品も多いんです。
現代アートの人気アーティストですからねー。
現在海外(香港、イギリス、アメリカ)でも作品の展示などを行っているために、今後も価格の高騰が予想されます。
投資として買うのも一つですね!
でも、小松美羽さんは「飾られて、人に見られて成長していく」と言っておられます。
買ったら皆の目がつくところにしっかり飾りましょう!
購入場所ですが、ネットや個展でかえます。
物を運ぶという事を考えるとネットが良いかもしれませんね。
高価で価値のある商品なので持って帰る道中が不安ですもんw

 

 

年収は?

上記の作品ことを考えると…
確実に数千万は行ってますねー。
下手すりゃ憶って可能性も出てきます。
個展や海外進出、メディアにも出演していますから今後も飛躍的に年収は膨らんでいくと思います。
いいなーw
でも、小松美羽さんの努力と才能の結果ですから仕方ない。
私もアーティストの才能欲しかったー( ゚Д゚)

 

彼氏は?

安心してください!
彼氏はいませんよw
とある番組で「結婚願望は?」と聞かれ、
ご本人が「私に関しては(親は)諦めてると思いますよ。」と返答。
世の男性諸君チャンス到来ですよ!
とは言っても、今までアーティストとして無我夢中で取り組んできたと思います。
恋愛経験も少ないと私は感じます。
変な男だけは勘弁です。
小松美羽さんを支え、応援し、互いに成長できるようなパートナーがベストやと思います。
今後の熱愛情報に期待ですねW

 

 

まとめ

現在世界を飛び回り、作品を作り続けている小松美羽さん。
メディアへの出演などスケジュールも相当ハードだと思います。
彼女の作品が人に感動と力を与えているのは事実です。
それが価格や結果として見えていると思います。
今後も更なる活躍が期待されます。
体調と変な男には気を付けてくださいねw
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - アーティスト