モンキッキーは書道家の宇都鬼として活躍!腕前や口コミと年収は?

   

スポンサードリンク

1990年代にお笑いコンビ「アニマル梯団」の”おさる”として活躍していたモンキッキーをご存知でしょうか?

 

肉体派の芸人さんで「すんまそん」「ありがトーマス」などのギャグで一世を風靡していましたが、今ではほとんどメディアでは見なくなりました…

 

実は今は書道家の「宇都鬼:うっきー」として大成功を収めているとか(^^)/

 

本日はモンキッキー(宇都鬼)さんの書道家としての腕前や口コミと現在の年収についてお伝えしたと思います!

 

では早速まいりましょう♪

 

 

 

モンキッキー(宇都鬼)とは?

本名:大森 晃(おおもり あきら)

生年月日:1968/9/19 (49歳)

出身:大阪府

配偶者:山川恵里佳

所属事務所:浅井企画

※Wikipediaより引用

関西創価高等学校を経て創価大学を卒業後に大学時代の友人のコアラと「アニマル梯団」というコンビを結成。

 

恐らく根っからの創価学会メンバーでしょうね!

 

ボキャブラ天国などで一気に人気がでて「すんまそん」「ありがトーマス」などのギャグで一気にお笑い界の人気者になりました。

 

しかし相方のコアラさんが「三原じゅん子」さんと結婚し事務所も変わったことから2000年に「アニマル梯団」を解散しました。

 

その後は肉体は芸人としてスポーツ王決定戦などで活躍するもお笑いとしては目が出ずに、2008年に書家・松川昌弘に師事し宇都鬼(うっきー)という書道家として活動を開始。

 

スポンサードリンク

 

宇都鬼(うっきー)の腕前や口コミは?

おさるからモンキッキーに改名すると何と6本もあったレギュラー番組が0本になったようで、現在の仕事の割合は「書道:お笑い=10:0」だそうですw

 

書道の腕前に関しては、ナカイのみになる図書館で歴代最高得点をたたき出し、芸能界No1の美文字タレントの称号を獲得。

 

宇都鬼さんの書道のスタイルは、書く前に腕立て伏せを100~300回したのちに描き始めるとか…

 

しかも1日10ステージある事もあるので最低でも1000回はしてることになりますねw

 

現在は会社の看板や名刺の文字を書いたり、イベントにも引っ張りだこな宇都鬼さんの人気は言うまでもないですね。

 

口コミや腕前も相当なもので、イベントもほぼ満員御礼(^^)/

 

 

 

年収は?

現在の年収は「奥様がホッとする程度はある」との事で、芸人時代の最高月収には満たっていないようです。

 

しかし、現在もモノマネ軍団でのお笑い活動と書道家としての活動を合わせると年収は1000万は下らないと思います。

 

今後もTVなどで注目されると思いますので仕事の数や年収も右肩上がりでしょうね!

 

もしかしたらインターナショナルに活動する書道家になるかもしれませんね♪

 

 

 

まとめ

本日はモンキッキーさんこと書道家の宇都鬼(うっきー)さんについてお伝えしました。

 

ナカイのみになる図書館では歴代最高得点をたたき出し、芸能界No1の美文字タレントの称号を持っている紛れもない実力者です

 

元々芸人さんなのでしゃべりも上手なのでイベントも大盛り上がりで口コミもいいことがほとんど(^^)/

 

年収も1000万は下らないと思いますので奥様も一安心ですね!

 

今後も日本だけでなく海外でも書道家として名をはせると思いますので年収も間違いなく右肩上がりでしょう(^^)/

 

今後の大活躍を期待しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 未分類