代理母出産の費用と報酬は?メリットやデメリットとおすすめの国も調査!

   

スポンサードリンク

代理母日本で推奨はされていないものの、海外では20ヶ国近い国々で代理出産を不妊治療の一環として行うことが可能です。

 

本日は代理母出産にかかる費用と報酬、メリットやデメリット、おすすめの国についてお伝えしたいと思います!

 

男性ではできない仕事で、母体にとってはリスクを伴う事もあると思いますが、人の幸せを生む素敵な仕事だと思いますので個人的にはかなり興味はあります♪

 

では早速まいりましょう(^^)/

 

 

代理母出産の費用と報酬は?

代理母を行っている主要な国としては、アメリカ・インド・ウクライナ・メキシコなどがあり、各国によって代理出産の費用やシステムが異なります。

 

国別の費用

アメリカ:2000万円前後

ロシア:500~1000万円

アジア諸国:200~600万円

 

 

代理母を行うという事は、不妊治療も行っているはずなのでかなりの資金を使っていると思いますので、各御家庭にあった無理のない国を選びましょう!

 

代理母になるための条件としては、「出産経験がある事」「32歳以下であること」があります。

 

報酬に関してですが、上記条件を満たしている中でもより良い適合車によって差があるようで、平均では200~400万円との事です。

 

一般のサラリーマン的な報酬はありますね!

 

スポンサードリンク

 

メリットとデメリットは?

何かを行うには必ずついてくるのがメリットとデメリットですよね。

 

情報を収集して人の命に関わる事なのでリスクをできるだけ回避したり最小限に出来るようにしておくべきですよね!

 

メリット

・不妊治療をしても子供を授かれない夫婦が子供を授かることができる。

 

デメリット

・子供の国籍を海外と日本のどちらにするのか。

・親子関係はどうするのか。

・代理母に体力や身体的負担がかかる。

 

 

日本では認められていませんが、中々子供を授かることができない夫婦にとっては最終手段であると思いますが、中には悪徳な業者もいるようなので頼む方も頼まれる方もしっかりと情報収集をしておきましょう!

 

 

おススメの国は?

各家庭によって経済事情は違うと思いますが、個人的におすすめなのはやっぱりアメリカですね!

 

価格は高いですが、安全で衛生面から考えても間違いないと思います!

 

あと、日本とアメリカの国籍を選ぶ権利があるというのもかなり素敵だと思います。

 

世界のトップのアメリカの国籍があれば世界的にも優遇されることもあるでしょうしね(^^)/

 

 

まとめ

本日は代理母の価格や報酬、メリットやデメリット、おすすめの国についてお伝えしてきました。

 

価格は国によって違いますが、200万円~2000万円で、アジアが最安値でアメリカがダントツで価格は高いです!

 

報酬は一般的には200~400万円との事です。

 

メリットは不妊治療でも子供を授かれない夫婦が子供を授かれる事で、デメリットは国籍や親子関係などがあります。

 

おススメの国は高いですが間違いなくアメリカです!

 

アメリカ国籍を持つ権利ももらえますし、何より安全で安心だからです(^^♪

 

代理母を行う場合はシッカリと情報収集して取り組みましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 未分類