健康の定義を達成する為に必要な事は?身体機能に着目して説明!

   

スポンサードリンク

健康の定義って皆さんご存知でしょうか?

 

日本WHO協会の定義によると、

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的

にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること。

※WHO公式ホームページより引用

と書かれてあります。

 

病気というものに着目せずに、肉体的・精神的・社会的に満たされた状態っていったいどんな状態なのでしょうか?

 

本日は実感しやすい肉体面(身体面)で健康になる為に着目すべき点についてお伝えして、皆様で健康増進を目指していきたいと思います。

 

 

 

着目すべき項目

個人的に着目すべき点は3つあります!

 

・体温

・腸内環境

・水

 

 

【体温について】

厚生労働省による平均体温は36.8℃±0.3℃と言われていますが、最近では日本人の平均体温が下がってきているという報告が聞かれています。

 

【腸内環境について】

以前は世界一肌がきれいな人種と言われてきた日本人ですが、最近は腸内の環境が世界一汚いと言われているんです。

 

【水について】

厚生労働省の報告によると1日で必要な水分摂取量は2.3リットルと言われています。

 

スポンサードリンク

 

具体的な改善方法

ではどうやったら上記の着目項目を改善し身体的(肉体的)な健康を手に入れることができるのでしょうか?

 

【体温について】

①体温についてですが後に水の項目でもお伝えしますが、水分は基本的にはお茶やコーヒーなどではなく水で、冷水ではなく常温もしくは白湯を飲むようにしてください。理由は冷水を飲むことで体の深部の体温が約5℃下がってしまうからです。

 

②深部の体温を挙げる為には高周波をあてたり筋力をつけることもよい方法であると思います。運動が苦手な方は特に高周波で深部を温めてあげることで温かい血液が全身をめぐるので手足の冷えも解消できます。

 

 

【腸内環境について】

腸内環境をよくするために必要な事は皆さんご存知かもしれませんが、善玉菌を摂取することです。善玉菌が増えると下痢や便秘などの症状が改善されますし、腸内環境が整う事で腸からきれいな血液が吸収されるので各臓器や脳にも良い影響を与えます。

 

 

【水分について】

①水分につていですが前述しましたが厚生労働省がおすすめしている1日の水分摂取量は2.3リットルです。排尿や汗を含め体から排泄される分合わせた総量と思ってもらってよいと思います。しかし、体内では代謝が行われているので体重20kgに対して1リットルが理想だと言われています。

 

②水は浄水器→ミネラルウォーター→ウォーターサーバーの順で良質だと言われています。上記の量を飲むことで、血質がよくなり肌がきれいになったりダイエット効果もあります。

 

 

 

まとめ

本日は健康の定義の肉体的・精神的・社会的という3大巨塔の中の「肉体的」という項目についてお伝えしました。

 

着目すべき点としては「体温・腸内環境・水」の3つがあり、改善されることで体内の循環がよくなり、免疫の向上や基礎代謝の向上がみられ、疲れにくい体や理想的な体型なども手に入れることができるのではないかと個人的には思います。

 

肉体が変われば精神的にも明るくなり、屋外に出て社交的になり社会的側面もカバーできると思います。

 

皆さんで健康増進して明るく楽しい人生を送りましょう(^^)/

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

 - 未分類