堂本剛が突発性難聴で入院している病院は?病状や復帰はいつ?

   

スポンサードリンク

緊急速報です!

 

Kinki Kidsの堂本剛さんが突発性難聴で1週間入院していることが判明しました!

 

歌手・俳優・モデル・アーティストと幅広い活動をしており疲労が蓄積されていたのでしょうか?

 

ファンとして心配でなりません!

 

本日は突発性難聴についてと入院している病院、現在の病状復帰時期についてお伝えしたいと思います!

 

では早速まいりましょう(^^)/

 

 

 

突発性難聴とは?

突発性難聴とは「突発的におきる原因不明の急性感音難聴」と言われています。

 

どれだけ突発かというと「患者は難聴になった瞬間を語ることができるほど突発的である」との事です。

 

随伴する症状として耳鳴りや耳閉憾や強いめまいを伴うようです。

 

治療に関してですが、適切な早期治療と安静が極めて重要で、1週間以内に治療されれば治療成績は比較的良好であるが、それ以降は治療成績は落ち、2週間を過ぎると治癒の確率は大幅に低下します。

 

重度であれば入院しての治療が望ましいとの事…

 

上記写真が治療薬で、ゼリーでおいしそうに見えますがメッチャまずいらしいですw

 

スポンサードリンク

 

入院している病院はどこ?

芸能人が入院する病院で有名なのは慶応大学病院と順天堂ファイ学病院ですよね。

 

今回は突発性難聴で有名な都内の病院に入院されている可能性が高いです。

 

病名がはっきりしていますし、名医に見てもらわないと今後の仕事に影響してきますしね。

 

↓関東で突発性難聴で有名な病院リストはこちら↓

・東京歯科大学医学部付属病院(東京都)

・帝京大学医学部付属病院(東京都)

・JCHO東京新宿メディカルセンター(東京都)

・荏原病院(東京都)

・東京大学医学部付属病院(東京都)

・新川クリニック(神奈川県)

・田中医院(神奈川県)

・筑波大学附属病院(茨城県)

以上の病院が関東で有名な突発性難聴の名医がいる病院です。

 

その中でも絞るとすれば、きっと大学病院の個室に入院されていると思います。

 

 

 

病状や復帰時期は?

前述しましたが、突発性難聴は早期に治療しないと治療効果がなかなか得られない病気です。

 

重度の場合は入院しての加療が必要になるとの事で、堂本剛さんの病状もよくはないと言えます。

 

アーティストの方に多い病気で、堂本剛さんも現在は「歌うこともままならない」との事ですし…

 

しかし、早期発見できたことが何よりで、現状は良くなくても治療効果は高いので皆さん安心してください(^^)/

 

復帰の時期ですが、最短で1か月で最長で3か月程度です。

 

今は安静にして休息をとってもらって堂本剛さんが笑顔で帰ってきてくれる日を祈りながら待ちましょう♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 未分類