YOSHIKI(ヨシキ)のヘドバンはもう見れない?術後の病状は?

   

スポンサードリンク

YOSHIKI(ヨシキ)さんが頸椎(けいつい)人工椎間板置換の緊急手術を無事に終えて2017/6/17に初めて公の場に顔を見せたようです。

 

開口一番「ただいま」と言うと集まったファンから「おかえりー」と返答。

 

今も体調は思わしくなく、お辞儀がしづらいのコメントがあったようです。

 

中でも注目を浴びたのが「ヘッドバンギングはよくないと思います。考えた方がいい。確実に健康に悪い」とのコメントですね。

 

今後YOSHIKI(ヨシキ)さんのヘドバンが見れない可能性も出てきましたね。

 

今年のツアーはピアノとして参加して、ドラムの代役は立てないとの事ですが、多少のサプライズはあるとの報告があったようで、ツアーを楽しみにしているファンは多いようです!

 

 

 

ツアーでのサプライズについて!

やはり注目されているツアーでのサプライズについて言及したいと思います!

 

今年のツアーはドラムではなくピアノで参加されるために確実にヘドバンは見ることができないとは思います。

 

しかし、個人的には元気なYOSHIKI(ヨシキ)さんがいてくれるだけで正直嬉しいです!

 

日本を誇るロックバンドのドラマーですから!

 

正に日本の宝です(^^♪

 

話がずれてしまいました…w

 

ツアーでのサプライズについてですが、ドラマーではないゲストが迎えられると思います!

 

Hydeさん辺りが怪しいのではないかと思います!

 

もしくは海外のビックアーティストの可能性も高いと思います。

 

楽しみでしょうがないですね!

 

スポンサードリンク

 

術後の病状は?

手術は無事に終えて完全回復までには約半年かかるとの報告があります。

 

YOSHIKI(ヨシキ)さん自身も「人口頸椎が体になじんでいない」とのコメントをしていますし!

 

ヘドバンの代償は大きいものですね。

 

背骨の中には運動や感覚をつかさどる脊髄神経というものが通っており、そこに圧迫や断裂が生じると神経症状として運動麻痺や感覚障害を起こします。

 

今回の会見を見た感じでは運動麻痺の症状は出ていないようですね!

 

一安心♪

 

しかし気になるのは感覚ですね!

 

痺れが以前からあったとの報告を聞いているのでちょっと心配ですが、今後の演奏を聴いてみないとはっきりとした症状は言えないですが…

 

しかしまたYOSHIKI(ヨシキ)さんのドラムとヘドバンが見れる日を楽しみにしています。

 

 

 

まとめ

今回アメリカで無事に頸椎(けいつい)人工椎間板置換の緊急手術を終えたYOSHIKI(ヨシキ)さんの病状や今後ヘドバンができるかについて検証してきました。

 

YOSHIKI(ヨシキ)さん自身は「健康に良くない」とのコメントを報じていますが、ファンの盛り上がりによっては間違いなくサービスとしてやるのではないかと思います!

 

今は術後のために安静にして回復に専念してほしいですね。

 

またYOSHIKIさんのドラムが見れる日を楽しみにしています!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 未分類